This Report:自分の市場価値

面接のお話しをするの前に、
少しだけお話ししたいと思います。


自分の市場価値というものを考えたことがありますか?
面接では限られた時間で自分をアピールしなくてはなりません。
知識、経験、技術、資格、体力、趣味や特技、人脈など
希望している企業に熱意や貢献出来る事をアピールするために
自分自身の事を把握しておくべきでしょう。


客観的な自分の評価が分からない人は
「職業適性検査」を受けてみると良いかもしれません。
ハローワークでは職業興味検査、性格検査の2種類の検査を受けられます。
厚生労働省では一般職業適性検査がありますし、
ウェブ上でも職業適性検査を受ける事が出来ます。

どんな仕事に就いたら良いか迷っている人は、
自分を分析すれば何か目標が見つかるかもしれません。
企業が期待する人材は年齢によっても変わってきます。
一般的に企業が採用したいと思う年齢層は20代~30代です。
社会常識を身に付けている事や、実務経験などがその理由になります。

20代前半の若い方なら 未経験でも、熱意や将来性などから採用を判断します。
企業側には安い賃金で雇えるというメリットとなります。

20代後半~30代の方なら
未経験よりも、業務経験から採用を判断します。
企業は即戦力としての人材を雇う事が出来るからです。
特に専門職の方が転職されるなら即戦力を武器にしましょう。

40代の方なら
今までの業務経験はもちろん、マネジメント能力や
スムーズに業務を行う事の出来る環境を作るための
コミュニケーション能力が期待されます。

This Report:最新記事

2012.11.30: 動物・植物に関係する仕事


2012.11.30: 面接後のお礼


2012.11.30: 専門職の面接


2012.11.30: 面接のNG


2012.11.30: 面接指導について


This Report:おすすめサイト